ニトリの木目調ジョイントマットを2年使ってわかったメリットとデメリット【口コミ】

f:id:mamagohan:20180810172047j:plain
こんにちは。マチ子です。

娘が0歳の時、ズリバイをし始めたくらいから導入したジョイントマット。

我が家は子ども部屋を作っていないので、リビングにプレイコーナーを設けています。狭いリビングなのでコーナーというよりはほぼ乗っ取られていると言って良い状態。(笑)

一日中視界に入るものなので、なるべくカラフルなものよりは部屋に馴染むデザインであってほしい。ということで、木目調のものをネットで探しました。

楽天さんで一番人気なのがこちら。 ▼

木目の柄がリアルで素敵!

悩みに悩んで最終的にたどり着いたのがニトリのジョイントマットでした。▼

オンライン購入も出来ますが、実際に店頭で見て購入しました。

クッションがきいているけど歩きやすそう。大きさも丁度良い。コスパも良い!

買い替えながら使ってきて3年になろうとしているので、使ってみてわかったメリットとデメリットを紹介したいと思います。

ニトリの『木目調ジョイントマット(N) 』

f:id:mamagohan:20180810172254j:plain

出典:ニトリネット

【商品名】木目調ジョイントマット(N)

【サイズ】幅45×奥行45cm 厚み約1cm

【カラー】ダークブラウン

【素材】ポリエチレン

【セット枚数】8枚

【床暖房】不可

 

サイズはベビーグッズ専門店で見かけるものよりやや大判。

狭いリビングなので15枚あれば十分です。

商品ページに『床暖房との併用はお止めください。』という表記があるので床暖房には対応していないようです。

45cm用のふち

f:id:mamagohan:20180810172251j:plain

出典:ニトリネット

【セット内容】
・角用×4本(長いパーツ)
・ふち用×8本(短いパーツ)

 

8枚入りジョイントマットをぐるっと囲むことが出来る枠です。

ニトリのジョイントマットのメリット

・子どもが転倒した際のクッションになる。

f:id:mamagohan:20180810092446j:plain

出典:ニトリネット

子どもはよたよた歩けるようになってもまだ頭からゴスン!と後ろに倒れたりします。怪我防止のためにも、厚さ約1cmのクッションが敷いてあると安心です。

 

・防音対策になる。

小さい子どもがいると、おもちゃ箱をひっくり返して「ガラガラドシャーン!」なんてことが日常茶飯事ですよね。

マンション住まいだと下の階の住人のことも気にしないといけません。多少ですが防音の効果はあると思います。

 

・床の傷つきを防止する。

新築も賃貸も傷はついてほしくないですよね。おもちゃと直接触れないのでマットを敷いている箇所は全く傷が付きません。

 

・汚れた箇所だけ取り外し丸洗いが出来る。

水をはじく素材なので簡単に洗うことが出来ます。汚れたパーツだけを取り外すことが出来るので掃除が簡単です。洗い方もご紹介しますね。♪

ニトリのジョイントマットの洗い方

f:id:mamagohan:20180816153308j:plain

それ専用と決めたスポンジか、使い古しのボロスポンジに台所用洗剤を付けてゴシゴシ洗います。

水を流した後はささっと水気を切って、アルコールなどの除菌スプレーをしゅしゅっとします。

f:id:mamagohan:20180816153311j:plain

無印良品のアルミ角型ハンガーが使えます!

あとはベランダで乾かすだけ。

吊るす方式だと触れている面が少ないのであっという間に乾きますよ。

湿気はカビの原因になるのでしっかり乾かします。

 

・部屋に馴染むデザインである。

f:id:mamagohan:20180810172100j:plain
見た目も気になるところですよね。

そこそこリアルでフローリングのような柄が部屋によく馴染みます。

以前は販売されていなかったふちもあるので追加で購入しました。すっきりまとまります!

 

・冬場は暖かい。

フローリングのひやっとする感じがありません。ジョイントマットだけでどうしてこんなに暖かいの!?って思うくらい暖かいです。

お昼寝布団を敷けば快適にお昼寝することが出来ます。

ズリバイ中の赤ちゃんのお腹も冷えません。

 

・コスパが良く、買い替えもきく。

ニトリの店舗に行けば置いてある商品なので、いつでも気軽に取り替えることが出来ます。

やはりお値段以上のニトリさん、低価格も魅力です。

ニトリのジョイントマットのデメリット 

デメリットはほぼ子どものイタズラに関連するものです。

なんで子どもってこんなにジョイントマットが好きなんですかね〜(笑)

 

・子どもにマットを分解される。

f:id:mamagohan:20180816154643j:plain
(補強した箇所)

子どもはある時から、このマットは剥がせるんだ!と気づきます。面白い形のジョイントマットは子どもからしたら、パズルのおもちゃですよね。

剥がされる→はめ込むの繰り返しで、さすがにストレスが溜まってきたので透明の医療用テープで補強しました。

効果はばっちり!…でも見た目はよろしくないですね。(笑)

 

・マットの裏側の掃除が面倒。

f:id:mamagohan:20180810172044j:plain
マットの下にゴミや埃が入り込むので定期的に掃除をしなければなりません。

丸洗いは出来るものの、洗濯機に放り込んでおしまいのラグなどに比べると手間がかかります。

 

・子どもが齧るので衛生的に不安。

歯固めか!ってくらい齧っていました。

ほどよい柔らかさとキシキシするかみごたえがくせになるみたいです。

除菌スプレーで拭いたりしていましたが、段々面倒になってきます。

 

・子どもに表面を剥がされる。

f:id:mamagohan:20180816153305j:plain

剥がそうとしなければ剥がれませんが、表面がめくれやすい素材です。

写真のような状態になったら交換し時かもしれません。

もうちょっと丈夫な素材で作ってくれたら良いのになと感じます。

育児中ジョイントマットは必要?不要?

私はジョイントマット必要であると感じます!!

娘も息子も赤ちゃんの頃、よくミルクを吐き戻していました。簡単に拭いたり洗えることの出来るジョイントマットはとても重宝しました。

あと、やっぱりおもちゃ(特に積み木)とフローリングがぶつかる音はかなりうるさいです。ジョイントマットのおかげで大きな音にびっくりすることがなくなりました。

小さい子を育てているママさん、パパさんには絶対おすすめしたい育児アイテムです!

元々床生活はしていなかったので、いつかは撤去するものですが、もうしばらくお世話になろうと思います。

f:id:mamagohan:20180816153302j:plain

 

他にも明るいカラーや少し小さいサイズ(30cm)もありますよ。▼