自宅で生後100日の『お食い初め』手作りで簡単にお祝いする4つのヒント

f:id:mamagohan:20170806131342j:plain

こんにちは、マチ子(@mamimumex02)です。

お宮参りを終えた後にやってくる大きなイベント「お食い初め」。

慣れない赤ちゃんのお世話をしながら一から準備するとなると結構大変なんですよね。

我が家は娘と息子2人とも自宅でお祝いしました。

自宅でのお食い初めを簡単にするポイントと必要な準備・手順をまとめてご紹介します。

 

お食い初めとは

赤ちゃんの生後100日頃、「一生食べ物に困りませんように」という願いを込めてご馳走を食べさせる真似をする儀式です。

(厳密に生後100日でなくても良いそうです。)

お食い初めは誰と祝う?

両親と赤ちゃん、両家の祖父母も一緒にお祝いする家庭も少なくないそうです。

我が家は家族だけでのんびり行いました。これが簡単に済ませられた理由でもあります。

お食い初めで準備するもの

お食い初め用の食器

お食い初めの食器は、お祝い用のお膳を使うのが一般的です。

男の子は朱色、女の子は黒色を使います。

色が選べる楽天で人気のお膳はコチラ▼

 

我が家は、その後の使い道がないだろうと思ったので白磁のシンプルな食器と無印良品のトレイを用意しました。

白磁丼・小 550円

f:id:mamagohan:20180816160718j:plain

出典:無印良品

木製 角型トレー 2,490円

f:id:mamagohan:20180722110518j:plain

出典:無印良品

このトレイ、夕食で使ったり、ソファにコーヒーとお菓子を置いてダラダラする時などにも使えます♩(笑)

一般的には祝い箸を用います。▼

我が家はお宮参りでいただいたものを使用しました。

f:id:mamagohan:20180817101502j:plain
祝い袋は和紙と水引(出産祝いの袋から拝借)で簡単に手作りしました。

歯固め石

歯固め石を食べさせる真似をすることで丈夫な歯が生えることを祈ります。

石のサイズは1〜5cmくらい。丸いもの、角張ったものどちらでも構いません。1、2個用意します。(地方によって個数が異なります。)

歯固め石の入手方法

  • お宮参りで神社から授かる
  • 近所の神社の境内からお借りする
  • 河原で拾う
  • ベビー用品専門店や通販で購入する

我が家は近所の神社からお借りしました。煮沸消毒して使います。使った後は洗ってきちんとお返しします。

歯固め石の使い方

箸の先で石に触り、その箸を赤ちゃんの口に持って行って、歯茎に当てます。

(※石を直接歯茎に当てると誤飲の恐れがあります。)

嫌がる赤ちゃんもいるみたいですが、うちの子たちはポカーンとしていたな。(笑)

手作りお食い初めメニュー

f:id:mamagohan:20151226130916j:plain

一汁三菜が基本で地域ごとに様々な食材が使われます。どれも縁起の良い意味合いが込められています。

祝い鯛

f:id:mamagohan:20180817101530j:plain

(この尻尾の反り具合がかっこいい!!)

鯛は赤い色が「めで鯛」としてお祝いごとに欠かせないお魚です。

当日はバタバタするだろうし、自分で作れる自信もなかったので楽天ショップの『なにわ食い倒れ本舗』さんで焼鯛セットを購入しました。▼

日時を当日の午前中に指定すれば、丁寧に箱に入れて届けてくれます。

立派な飾り付けもされているので箱から出してすぐ使うことが出来ます

息子の時は楽天ショップの別のお店から購入したんですけど、なにわ食い倒れ本舗さんの方が断然美味しかった!!身がふわふわ、臭みもなく、香ばしい香りがします。

お食い初め後に半分いただいて、残りは鯛飯にしました。

その後はお出汁をかけてお茶漬けに。お食い初め最高〜♡

筑前煮

f:id:mamagohan:20180817101505j:plain
れんこんの穴から将来の先が見通せますように。

筑前煮は醤油と砂糖を入れたこってりしたものが好みですが、白出汁を使った方が野菜の色が変わらず見栄えが良いです。

人生初、野菜の飾り切りもしました!良い経験させてもらった…。(その後初節句のみ、その経験が活かされました。笑)

使った白出汁はこちら▼

本格的な味わいです。

紅白かまぼこ

f:id:mamagohan:20180817101508j:plain
紅白がめでたいかまぼこも飾り切りしました。左がうさぎで右は松。

紅白なます

f:id:mamagohan:20180816160526j:plain

こちらも紅白。千切りした人参と大根を酢と砂糖、少しの醤油で和えました。

スライサーを使った方が綺麗だったかも。

赤飯

f:id:mamagohan:20180816160620j:plain

お祝いの席に欠かせない赤飯は赤色に魔除や厄祓いの意味合いがあります。

炊飯器で簡単に作れる井村屋さんのお赤飯セットを購入しました。▼

ごま塩付き。簡単美味しい。

梅干し

f:id:mamagohan:20180816161858j:plain
梅干しのようにシワシワになるまで長生き出来ますように。お義母さんの手作り梅干し。

蛤と三つ葉と花麩のお吸い物

f:id:mamagohan:20180816160617j:plain

二枚貝のはまぐりで良縁を願います。

お吸い物にすると良いお出汁が出ます。可愛いお麩を散らすと華やかになります。

ケーキ

f:id:mamagohan:20180817101527j:plain
お祝いにはケーキが必要!(自分が食べたいだけ。)

ケーキ屋さんのケーキに「100」と赤ちゃん型のクッキーを手作りして乗せました。

ケーキ屋さんを利用する場合は事前に予約しておくと安心です。

市販のお食い初め料理セットも上手に活用しよう!

銀座割烹からお届け【正直屋の宅配お食い初め】

 

生後3ヶ月くらいは授乳や赤ちゃんのお世話に追われるので、準備がとても大変。

ママやパパが無理をする必要はないのです!

市販のお食い初め料理セットも上手に活用しましょう。

 

楽天で人気のお食い初め料理セットはこちら▼ 

お食い初めの赤ちゃんの服装は?

お食い初めの服装は基本的に決まりがありません。季節や生活スタイルに合わせた服装を選ぶのが良いでしょう。ちなみに、大人の服装にも決まりはありません

洋装でお食い初め

普通のベビー服にスタイをつけるスタイルが人気です。我が家も洋装で行いました。

ちょっとおめかししたベビードレスやタキシードも可愛いですよね。▼

和装でお食い初め

最近は男の子も女の子も袴デザインのロンパースが人気で、SNSでもよく見かけます。▼

お食い初めの順番

お食い初めの儀式には、一応食べさせる順番があります。

 

順番は

ご飯→汁 ご飯→魚 ご飯→汁 を3回繰り返します。

 

御膳を用意した場合は、

ご飯→汁 ご飯→魚 ご飯→汁
ご飯→煮物 ご飯→汁 ご飯→酢の物
ご飯→汁 ご飯→歯固め石 ご飯→汁

の順番で行います。

 

これを、長寿にあやかるという意味を込めてお祝いの席にいる最年長者が食べさせる真似をします。(我が家は夫婦2人共しました。)

しかし、実際に行ってみると赤ちゃんは段々飽きてくるし、あれ?何食べさせたっけ、次はお吸い物飲みたいかな〜♪ お姉ちゃんも食べる?なんて、どんどんカジュアルになっていきます(笑)

 

形式にこだわりすぎる必要はないのかもしれませんね。

お食い初め完了

f:id:mamagohan:20180808214333j:plain
バタバタだったお食い初めもこれにて終了〜!

せっかくなので3脚を引っ張り出して来て家族で写真を撮りました。(息子よ、レンズを見るのだ!)

お膳やおかずの残りもしっかり、美味しくいただきました。

美味しい焼き鯛を食べさせてもらって、娘にも息子にも感謝です♪

自宅でのお食い初めを簡単にするヒント

・形式にとらわれすぎない

昔ながらの「お食い初め」を実践するのはとても大変なこと。大切なのは赤ちゃんを思いつつ、準備の時間も楽しめることです。お金をいっぱいかけたり、誰かが無理をする必要はありません。

・家族だけで行う

掃除、買い出し、おもてなし、授乳などに気を使うことなく、のんびりとお祝いすることが出来ます。これからも行事はたくさんあるのでじーじとばーばにはそちらに来てもらえば大丈夫!お食い初めの写真を送って良しとします。

・凝るものと手を抜くものを決める

私は子どもたちに初めて作るごはんがとても楽しみだったので料理は出来る範囲で手作りしようと思っていました。でも焼き鯛やケーキはプロのお店に丸投げ!完璧は無理だから便利なものにも頼ります。

・いつも通りの服装で

お家の中なので正装する必要はありません。でも写真には残るので、ラフすぎないのもポイントです。(笑) いつも通りだったら赤ちゃんも、その兄弟も緊張しません。

まとめ

お食い初めの時はまだ離乳食も始まっていなかった娘と息子。

現在はごはんをもりもり食べ、一丁前に好き嫌いをして、横にも縦にも大きくなりました。お食い初めのおかげかな?

2回お食い初めを経験して感じたのは、我が子を思いながらする準備はとても楽しい!ということ。

形式的でなくとも、きっと家族にとって忘れられない大切な思い出になるはずです。

記憶に残る素敵なお食い初めにしてくださいね。

 

 お食い初めの次はハーフバースデー!▼

www.mamatogohan.com