【腸活】毎日のかき混ぜ不要『ぬか床パック』の手作りぬか漬けは簡単美味しい!

f:id:mamagohan:20180719025417j:image

和食の多い我が家。白いごはんのお供になる漬物は夫婦共に大好きでよく食べていました。

しかし、子どもに合わせた減塩寄りの食生活をしていると、市販の漬物はしょっぱすぎる!!!

浅漬けは自分で作れるけど、ぬか漬けはズボラな私には無理だなー…と諦めていました。

そんなある日、パパから思いがけない情報が飛び込む。

 

「パックに入れるだけで作れるぬか漬けがあるらしいよ!」

私「混ぜるの面倒くさ…」

「混ぜなくて良いんだって!!」

私「まじかっ!?」

ということで、早速探してみました!

 

スーパーで買えるぬか床パック『発酵仕上りぬかみそ』

f:id:mamagohan:20180718160855j:image

とりあえずスーパー (生協)で売っていたものを購入してみました。

漬け物コーナーに普通に置いてあってびっくり! (もっと早く知りたかった!)

失敗しても痛くないお値段です。

ぬか床パックの漬け方

まずは定番のキュウリから漬けてみよう!

f:id:mamagohan:20180718161037j:image

パックを開くとぬかみその香りが!

想像よりにおわない。むしろ良い香り!パックを閉じればにおいは漏れないので冷蔵庫保存でも安心ですね。

 

パックぬか床のぬかみそって、触り心地がほろほろタイプ、しっとりタイプ、ベトベトタイプで別れると思うんですけど、伊勢惣さんはほろほろタイプ。

冷蔵庫に入っていたので触ると冷た気持ち良い〜♡

 

こちらのぬか床は冷蔵庫保存なら1週間に1度かき混ぜる必要があります。

週1ならズボラ主婦の私にも出来る!!!

子育てがあるのに菌なんて育ててる暇ないよ!というパパさんママさん、お勤めされている方も週末だけならなんとかなりそうじゃないですか?

 

①洗った野菜の水気を拭き取ってぬか床に入れる。

f:id:mamagohan:20180718161507j:image

キュウリは切る必要がないのでそのまま2本入れます。

洗ったあとはキッチンペーパーで水気を拭き取りました。

漬け時間は8〜16時間。

初回は塩分が濃いので短めの時間でOK。

 

②ぬかをかぶせる。

f:id:mamagohan:20180719024419j:image

キュウリが見えなくなるように埋めて、空気を抜いて閉じる。

③冷蔵庫の野菜室へ入れる。終了。

 

これだけ!?簡単すぎる!!

取り出そう

f:id:mamagohan:20180718162939j:image

8時間が経過しました。キュウリさん、色が濃くなって、しなっとしている。

触った感じがなぜか油っぽい。これは米ぬかの油分のせいらしいです。

取り出したキュウリはこれから洗うわけですが、毎回少量ずつぬかがこびり付くので徐々にパックの中のぬかは減っていきます。

ずっと使い続けるためには「足しぬか」が必要になってくるわけですね。

いざ!実食

f:id:mamagohan:20180719093106j:image

「ポリポリ…んっ!?うんうん!!!美味しいっ!!」

キュウリの水分がまだ残っていて、さっぱりクセのないぬか漬け。

そして、塩辛くない!!

ごはんがなくてもポリポリ食べられちゃいます♡

感想

ぬか床パックは漬ける手順もお手入れもとても簡単でした。

これで漬物ライフがはかどること間違いなし!

そして、自分の好みが反映出来る「手作り」って最強だなと今回改めて感じました。

いつか味噌も梅干しもマヨネーズもチーズも自分で作れるようになるのかもしれない!(乞うご期待)

ぬか床パックのメリット

  • 漬け時間を調整することで自分好みに漬けられる。 (塩辛くならない)
  • コスパ最高!
  • 準備するものがない。(買ったその日から漬けられる)
  • 毎日のかき混ぜ不要。(ズボラに優しい)

ぬか床パックお手入れのポイント

(パッケージの裏に書いてあった情報を参考にしています。)

  • 初回の漬け時間は短めに。回数を重ねるごとにゆるくなり塩加減が慣れてくる。
  • 漬け時間は野菜の種類や大きさによって調整する。
  • 塩味が薄くなったら小さじ2杯程度の塩を加える。
  • ぬかみそが柔らかくなったら清潔な布巾で水気を吸い取る。または足しぬかする。
  • 冷蔵庫で漬ける場合、週一程度常温に置くと乳酸菌の発酵が良くなる。その際よくかき混ぜる。
  • 常温で漬ける場合は酸味が発生したりカビが生えることがあるので毎日かき混ぜる必要がある。
  • 賞味期限は未開封時の目安。手入れ次第で○年もののぬか床に育てることも可能。

ぬか漬けを食べるメリット

免疫力アップ

腸内環境を整える

美肌&肌荒れ防止

「腸活」流行っていますよね。

美味しくいただくだけでこのような効果が得られるなんて糠の乳酸菌と酵素のパワー、おそるべし!!

次に試したいぬか床パックは?

この記事を書いてる時点で漬けた回数は10回ほど。

ぬか床の状態に大きな変化はありません。まだまだ漬けるぞー!

今使っているぬか床パックがどれくらいもつのかは検証中ですが、次に使ってみたいぬか床パックがこちら。▼

みたけ『発酵ぬかどこ 1kg』

無添加のぬか床パック。

原材料は米ぬか、食塩、昆布、唐辛子、ビール酵母のみ。

無印良品『発酵ぬかどこ 1kg』

f:id:mamagohan:20180719030651j:image

出典:無印良品

オンラインショップですぐ売り切れになってしまう商品。

パッケージがシンプルで素敵。

 

f:id:mamagohan:20180719093018j:image

夏野菜が美味しいこの季節、簡単なぬか床パックでぬか漬けデビューしてみませんか?