2歳と1歳初めての映画館デビュー『それいけ!アンパンマン かがやけクルンといのちの星』

f:id:mamagohan:20180704104323j:image

こんにちは、マチ子です。

家族で6月30日公開のアンパンマン映画を観に行ってきました。

2歳娘の初めての映画館デビューはアンパンマンかしまじろうになるだろうと予想していたけど、しまじろう熱はすっかり冷めてしまったのでアンパンマンになりました。

息子は1時間もつかな?…ドキドキ。

 

アンパンマン映画の料金

f:id:mamagohan:20180704122453p:image

2歳から料金が必要です。

前売り券購入で少しの割引と特典がもらえます。

 

親子ペア2200円

一般1400円

小人900円

来場特典(小学生以下)

f:id:mamagohan:20180704105738p:image

入場口で「元気100倍!タンバリン」が子どもたちに一つずつ手渡されました。

大人はもらえません。

本編の歌ったり踊ったりするコーナーで使います。

場内の雰囲気

・上映中は真っ暗にならず、ぼんやりと明るいです。席の移動がしやすかった。(通路側の席が抜け出しやすくておすすめ!)

・映画の音量が心なしか小さめでした。大音量にびっくりすることもなさそう。

・声を出してアンパンマンを応援したり、歌ってOK。(公式サイトで映画デビューを応援します!とある。)

『それいけ!アンパンマン かがやけクルンといのちの星』内容

アンパンマン生誕30周年記念ということで、アンパンマンマーチの歌詞にもある「なんのために生まれてなにをして生きるのか」という深いテーマが軸となり、物語が進行します。

お馴染みバイキンマンも大活躍!アンパンマンの生きる意味が人助けなら、バイキンマンが生きる意味は…?

アンパンマンを自分の手で倒すことが出来ないとなると… バイキンマンの葛藤にうるうるさせられます。

今作完全なるアンパンマンとバイキンマンの物語でした。ゲストキャラのクルンちゃんの存在が薄かったような。

アンパンマンの優しさにたじろぐバイキンマンは可愛くて必見です♡

詳しくは映画館で!

2歳9ヶ月の映画デビューは大成功!

f:id:mamagohan:20180704114505p:image

一度も席を離れることなく前編通して楽しむことが出来ました。

パパのポップコーンをつまんでみたり一丁前。

アンパンマン作品には感情移入が激しいので「わーい(喜)」「うぇーん(泣)」「どうちよーう!(焦)」と共感し、叫んでいました。

大好きなアンパンマン映画で、はしゃぐ娘が見られたので今回の映画デビューは大成功だったと言えます。

1歳2ヶ月の映画デビューは早すぎた

f:id:mamagohan:20180704173504p:image

好きなキャラクターはまだいないけど、なんとなくアンパンマンと発することが出来る息子。

ぽかーんとしているのかなと思いきや、意外にもOPの歌の場面ではノリノリ!

ちゃんとタンバリンをしゃんしゃん鳴らしながら私の膝の上で飛び跳ねていました。(痛い)

半分くらいから飽きたみたいでグズグズ。

抱っこ紐に入れて出入り口でゆらゆらしたり席に戻ったり。

まぁこれは予想していたのでパパ連れが必須でした。

映画デビューはまだ早かったね。

帰宅後

2人とも夕ご飯も食べずに朝まで爆睡!!!(笑)

いつもはお腹すいたーと深夜に起きてしまうのに朝までコースでした。

大画面のアンパンマンはそんなに刺激的だったかな?

翌日も「大きいアンパンマン観たねー!アンパーンチかっこよかったねー♪」って思い出話が止まりませんでした。

まとめ

  • 子どもの映画館デビューを公式で応援してくれているアンパンマン作品は映画デビューにやさしい。
  • 2歳児の映画デビュー成功。1歳はまだ早かった。
  • 初めての子連れ映画館はパパ(もう1人の大人)が必須。

 

2歳児はちゃんと楽しむことが出来るとわかったので、息子がもう少し大きくなったらまた利用しようと思います。

 

f:id:mamagohan:20180704114432p:image

特別な日はガチャガチャ。

ジャムおじさんが出た。うちにはいないキャラなので娘的には当たり。

ナガネギマンじゃなくて良かった。(失礼)

 

anpan-movie.com

 

アンパンマンのアニメ・映画はHuluで見放題!▼