【レシピ】梅仕事2018は黒糖梅酒作り。慣れたらハンバーグレベルの難易度!?

f:id:mamagohan:20180606102451p:image

こんにちは。マチ子です。

梅仕事、今年もそんな季節になりましたね。

面倒な作業ではありますが、梅を買ってしまえば傷み始めるので強制スタートせざるを得ません!!(笑) 慣れたらハンバーグを作るくらいの面倒レベルになりますしね!(変な記事タイトルはこれか。)

梅干しはお義母さんが漬けたものをもらえるし、梅シロップは需要がない…ので、我が家で作るのは梅酒のみ。

 

f:id:mamagohan:20180606102807j:image

昨年初めて梅酒を作ったのですが、基本の材料と基本の作り方で作った梅酒は普通に美味しい仕上がりでした。さっぱりクセのない梅酒だけど、もっと言えば面白みがない?今年はもうちょっとコクを出したいなと思ったので黒糖梅酒を作ることにしました。

材料(4Lの保存瓶)

f:id:mamagohan:20180606103130p:image

  • 青梅…1kg
  • 氷砂糖…400g (氷砂糖だけで作る場合は500~800g)
  • 黒糖…300g
  • ホワイトリカー…1.8L

作り方

①下準備としてアク抜き、保存瓶の消毒をする。

アク抜き

一晩、ボウルに梅を入れて水がひたひたになるまでつけておく。

保存瓶の消毒

煮沸は面倒なのでアルコール除菌がおすすめ。瓶の内側にシュシュっとアルコールを吹きかけ、ビニール手袋をした手でキッチンペーパーなどを使って拭き取ります。

f:id:mamagohan:20180606105110p:image

②アク抜きした梅の水気を拭き取る。水気はカビの原因になるので丁寧に。

 

f:id:mamagohan:20180606103313j:image

③爪楊枝、竹串で梅を傷つけないようにヘタを取る。多分ここが1番楽しい作業。

 

f:id:mamagohan:20180606103336j:image

(↑キズのあるものや変色しているものは避ける。)

 

f:id:mamagohan:20180606103506p:image

④瓶に砂糖と梅を交互に入れていく。

⑤ホワイトリカーを全て入れて蓋をして完成!

 

f:id:mamagohan:20180606103535p:image

去年の梅酒(右)は綺麗な色。黒糖を使うと既にほんのり色が。

ポイント

・直射日光の当たらない冷暗所で保存する。

・氷砂糖が溶けるまでは1週間ごとに瓶をゆする。

・飲み頃は3ヶ月頃から。どんどん熟成していく。

・漬かった梅は1年で取り出せば良いとかそのままでOKとか色々な情報があります。うちではとりあえずそのまま。

 

梅酒作りの材料は買いに行くと重いし、わりと綺麗な梅が届くので昨年同様、生協さんを利用しました。保存瓶はセラーメイトのものをAmazonさんで。

 大きいサイズ、小さいサイズで並べると可愛い。

梅仕事をしたい!と思ったら全部ネットで取り寄せられる便利な時代。

はちみつ梅酒やホワイトリカー以外のお酒を使った梅酒も作ってみたいのでまた来年かな。黒糖梅酒が出来上がったらまた報告させていただきます!皆さまも梅仕事楽しんでくださいね♩

 

f:id:mamagohan:20180606104621j:image

心霊写真。ではなく、なんだろう?と見上げる息子。