【口コミレビュー】1万円台のお掃除ロボット「ILIFE V3s Pro」は子育てファミリーに超絶おすすめ!

こんにちは、マチ子(@mamimumex02)です。

育児中って1日に何度も掃除機をかけたくなる場面がありますよね。

そんな毎日のお掃除を楽にしてくれる相棒が我が家にやってきたので紹介したいと思います!

お掃除ロボット ILIFE V3s Pro

f:id:mamagohan:20180905002251j:plain

 

こちら、お掃除ロボットくん。

名前は「ILIFE V3s Pro」と言います。

Amazonでベストセラーとなっている大人気のお掃除ロボットです。

先日、「ママの家事がちょっと楽になればいいかと思って…」と、パパからプレゼントされたものです。(ありがたや〜)

結果的にめちゃくちゃ楽になりました。

▼お掃除ロボットの代名詞である某ルンバくん!

こちらと比べると価格は1/5の1万円代という低価格!

なのに、負けず劣らずな性能なんです!!

使い始めて1ヶ月経ったので、使い心地をレビューしてみようと思います。

 

ILIFE V3s Proのメリット

1日に何度も掃除が出来る。

育児中のリビングってパンくず、紙くず、色々なものが落ちています。(泣)

はいはいやズリバイをする赤ちゃんがいるお家だと、衛生面って気になるところですよね。

スイッチ1つで起動し、掃除の手間が掛からないので、育児中にぴったりのアイテムだと感じました。

段差を飛び越える。

説明書には『1cmまでの段差に対応』という記載がありますが、1cm以上のジョイントマットも楽々飛び越えてくれます。

本体が薄いのでソファの下やベッドの下にも入っていける。

ルンバの厚みが9.2cmのところ、ILIFE V3s Proは7.6cm。1.6cmも薄いんです!(この差が地味に大きい。)

ソファやベッドの下は特にほこりなどが溜まりやすいので、本体がスリムであるに越したことはないのです。

段差の感知が優秀。

f:id:mamagohan:20180911220344j:plain

自動的に高低差を感知し、段差の縁まで行くと自動的にバックする機能が備わっています。

我が家の玄関には15cm程度の段差があるのですが、そこから落ちたことがありません。

部屋中の扉を全開にしておいても障害物が無い限り、走り続けてくれるので助かります。

壁に激突しない。

自動的に障害物を感知するので、壁や家具などにガンガンぶつかることはありません。

障害物を目の前にするとクルンと方向転換し、避けます。

また、ぶつかった時の衝撃を和らげるためのクッションが、本体前部分に付いています。(押すとへこむ。)

 お手入れが簡単で衛生的。

f:id:mamagohan:20180905002255j:plain

(パカッ!)

 本体を軽く押すとゴミケースが現れます。

ケースは意外と小さい。4〜5回掃除してもらったら中身を捨てるようにしています。

実験的にゴミを捨てないまま使い続けてみましたが、10回くらいがギリギリみたいです。

f:id:mamagohan:20180905002302j:plain

ゴミケースはフィルタを外して付属のブラシでゴシゴシ洗ったり、丸洗いすることが出来ます。

ちなみに交換用のフィルターや回転ブラシもネットで購入出来るのでちょっと安心です。▼

連続稼働時間が長い。

連続稼働時間は120分。ルンバが60分なのでその倍!長時間稼働を売りにしているだけのことはありますねー!

スーパーへ行くなどして、2時間くらい時間をつぶしていると丁度良いです。

タイマー機能付きで充電がなくなると勝手に充電器に戻ってくれる。

f:id:mamagohan:20180911220330j:plain

育児中に絶対利用したいのがタイマー機能です!

寝る前にタイマーをセットしておけば朝にはリビングを綺麗にしておいてくれるので家事の時短になります。綺麗なリビングで朝を迎えられる素晴らしさ、しばらく忘れていました…(感動)。

バッテリーが切れそうになると自動的に充電台に戻ってくれます。

(付属のリモコンのボタンで掃除を強制終了し、充電台に戻すことも出来ます。)

ILIFE V3s Proのデメリット

起動時の音がうるさい。

人によって音の感じ方に違いはありますが、ぶおおおという音が結構うるさいです。

テレビの音はちゃんと聞こえません。

もちろんお掃除ロボットではない、一般的な掃除機と比べると音は格段に小さいです。

どうしても苦手な部屋の場所がある。

窓のレールなどに挟まって、脱出出来ずに力尽きていることがあります。

(ピー!ピー!助けてーと音が鳴るのでちょっと可愛い。)

その場合、ストッパーになるものをあらかじめ置いておくなど対策が必要です。

ゴミセンサーが無いため多少のゴミが残る。

ゴミセンサーが付いていないので、部屋を何度も往復することで綺麗にしていきます。

狭い隙間などに多少のゴミが残るのでそこは掃除機のノズルなどを使って自分で掃除する必要があります。

学習機能がない。

ゴミは足で稼ぐ!なにも考えていません。(笑)

紐状のものに弱い。

f:id:mamagohan:20180911220754p:plain

本体裏面に付いてる回転ブラシが糸くずや長い髪の毛、コード類を絡めとり、

巻き込んでしまうことがあるので注意が必要です。

カーペット掃除には向いてない。

ILIFE V3s Proは薄い布などを吸い込んでしまうので、カーペットやラグの掃除には向いていません。

(我が家はコタツも出さないし、フローリング生活なので問題はありませんでした。)

カーペットにも対応しているのが同じくILIFEの「ILIFE A4s」というモデルです。▼

こちらはカーペットの掃除に特化しているモデルなので、吸い込み口にブラシが付いていて、ダニやハウスダストを吸い込んでくれます。

子どもがいる家庭での使い方

f:id:mamagohan:20180905002259j:plain

お掃除ロボットってなんとなく、床に全く物を置いていない広ーいフラットなおうちで使うものだと思っていました。

ですが、我が家のように子どものおもちゃがリビングに置いてある狭いおうちでも、床にあるものをささっと片付けて、テーブルの上に上げてしまえば、ちゃんと使えることがわかりました。

なるべく物を下に置かない環境作りは、小さい子どもにとって安全で、掃除もしやすくなるので利点が大きいなと感じました。

お掃除ロボットは、子どもがお昼寝してる時や、ちょっと買い物へ行く時に、ボタン一つ押せばしっかりとお掃除しておいてくれるのですごく助かっちゃいます!

 

我が家では、隅々まで綺麗にする本格的なお掃除はいつもの掃除機で。

子どもが活動していないタイミングでは、お掃除ロボットに活躍してもらっています!

出産祝いにも

産後は抜け毛が付き物。

抜け毛の時期、コロコロの鬼になっていた私。

部屋のどこへ行っても自分の髪の毛が落ちているので、お掃除ロボットがいてくれたらとても助かったのに…と思いました。

出産祝いやパパからママへのプレゼントにも絶対に喜ばれると思います!!

まとめ

f:id:mamagohan:20180905002305j:plain

(仲良く追いかけっこ。)

高価なロボットと比べると、劣っている点はある思いますが、お掃除ロボットとしての最低限の機能は備わっており、大変満足しています。

 

デメリットも挙げてはみましたが、それほどストレスを感じていません♪

 

とても働き物なお掃除ロボットくん。

我が家に来てくれてありがとう!(パパもありがとう!) 

 

「I LIFE A4s」カーペットのあるおうち向け。▼

「I LIFE V5s Pro」1台で掃除・乾拭き・水拭きの機能付き▼