【1歳・2歳向け】親子一緒に楽しめる美味しい「食育」絵本オススメ6選

f:id:mamagohan:20180410170940p:image

こんにちは、マチ子(@mamimumex02)です。

小説、漫画、絵本問わず美味しい描写のある作品って大好きです。

子ども達に贈る絵本も自然と美味しい絵本が多くなっています。

大人だってぼーっと絵本を眺める時間があっても良いですよね。♪

今回はそんな美味しい絵本を6作品紹介してみようと思います。

『カレーライス』

著者:小西英子

出版社:福音館書店

対象年齢:2歳〜

f:id:mamagohan:20180411142442j:image

2歳の誕生日プレゼントとして娘に贈った絵本です。

カレーは1歳の頃から好物で、どんな野菜だって小さく刻んで煮込んでしまえば食べてくれました。野菜拒否時代の救世主!

そんなカレーの作り方が本物そっくりの美しい絵で描かれています。

娘はおままごと道具を持ってきて「トントントン」と材料を切るところから再現して楽しんでいます。

f:id:mamagohan:20180812035924j:image

煮込んでいるシーンなんて本当にカレーの香りがしてきそう!

大人も食欲を刺激されて「今夜はカレーにしようか」なんて提案してしまうかもしれません。

『おべんとう』

著者:小西英子

出版社:福音館書店

対象年齢:2歳〜

f:id:mamagohan:20180411142510p:image
こちらも誕生日に贈った小西さんの絵本です。

卵焼き、タコさんウインナーなど定番のおかずをお弁当箱に詰めていく様子が描かれています。

f:id:mamagohan:20180812035948j:image

娘は1ページめくる度、指でつまんでエアもぐもぐ。

「おいちーね」とほっぺたをおさえて、弟にも分けてあげたりします。

お弁当って好きなものばかりを詰めるわけではなくて、時にはお母さん達が栄養を考えて苦手な野菜だって入れますよね。

ちょっと頑張って食べてみよう!っていう気持ちを大事にしてくれたら良いなと思います。

『しろくまちゃんのほっとけーき』

著者:若山憲

出版社:こぐま社

対象年齢:1歳〜

f:id:mamagohan:20180410171229p:image
鮮やかな色彩が特徴的なしろくまちゃんシリーズです。

ビビットな色遣いのイラストが、おしゃれで今風に感じられるのですが、3ヶ月検診の読み聞かせ指導でもおすすめされた長く愛されている絵本シリーズです。

 

読んでーと持って来る頻度が多いので娘一番のお気に入り。

しろくまちゃんがお母さんとパンケーキ作りをする様子が描かれています。

フライパンに生地を入れると…どろどろ、ぴちぴち、ぷつぷつ音がします。

この、テンポの良い擬音が大ヒット!すぐに覚えて一緒に読めるようになりました。

 

お話を楽しんだあとは実際にパンケーキを作ってみるのも楽しいです♪

f:id:mamagohan:20180410171335j:image

「まじぇまじぇ〜」

 

『ぴよちゃんのへんしんおやつ』

著者:いりやまさとし

出版社:学研教育出版

対象年齢:1歳〜

f:id:mamagohan:20180411142603j:image

ふんわりと優しいタッチがいかにも赤ちゃんウケしそうな絵本です。

ひよこのぴよちゃんが主人公なんですけど、ページのどこかしらにてんとう虫やちょうちょ、小鳥がいて『ウォーリーを探せ』のような探し出す楽しみがあります。

 

こちらのシリーズ、簡単な仕掛けがあって面白いんです!

おやつが何に変身するのか分かっていても毎回ワクワクドキドキ。

目が輝いています!(幼児のこういうところ可愛いよなぁ〜…)

0歳息子もはよめくれ!と横から催促してきます。

赤ちゃんウケも良いみたいです。

『からすのパンやさん』

著者:加古里子

出版社:偕成社

対象年齢:3、4歳〜

f:id:mamagohan:20180410171423p:image
実家から持ってきた絵本です。

娘が生まれて久しぶりに読み返してみましたが、やっぱり好きだなぁ。

この絵本に登場するからすたち、とても個性的で一羽一羽見た目が違います。

メガネをかけていたりお下げ髪だったり。そこに注目して読んでみるのも楽しいです♪

 

今回紹介している絵本の中では大きい子向けの作品なのですが、それほど気にすることなく1歳くらいから楽しめていたように感じます。

娘は見開きいっぱいにパンが描かれたページがお気に入りみたいです。

「これは何パン?」とクイズを出し合ってよく遊んでいます。

のこぎりやテレビのパンなんて面白いですよね!

本当に売っていたら毎日通ってしまいそう♡

『はらぺこあおむし』

著者:エリック・カール/もりひさし

出版社:偕成社

対象年齢:0歳〜

f:id:mamagohan:20180411143224j:image

もう説明する必要もないくらい有名な世界中で愛されるあおむしさんの絵本。

私も子どもの頃読んでもらったな〜。

出先でも楽しめるように持ち運びできるボードブックタイプを選びました。(ぬいぐるみ付き)

 

たくさん食べて大きく美しい蝶になる。

シンプルだけど力強いストーリーは「食べる」ことにポジティブなイメージが湧きそうです!

赤ちゃんの時、娘は絵本のしかけの小さな穴に指を入れて楽しそうに遊んでいました。

現在は食べ物の名前を言えるようになりました。

年齢を重ねても変わらず楽しめる点が長く愛される理由なんだなと思います。

 

まとめ

小さい頃、絵本は子どもだけが読むものだと思っていました。

けれど、そんなことはありませんでした。

繰り返し読んだ絵本も、大人になって見返してみるとまた違った見方や発見があったりして面白いものです。

これからも親子一緒に「美味しい」絵本を楽しみたいです。

f:id:mamagohan:20180410190002j:image