娘ごはんが今の形になったわけ

こんにちは。マチ子です。

娘が1歳半くらいから始めたこの形。↓

娘ごはんがこの形になったわけ

f:id:mamagohan:20180329002330p:plain

(トレー+可愛い小皿+型抜き野菜+デコおにぎり)

1歳半になったくらいから娘に「可愛い」の概念が生まれました。髪を結んであげると姿見の前へダッシュ。足をくねっと曲げて「かぁいい〜♡」とナルシストタイムが始まります。女子ってこんなに小さくても女子なんだなぁとパパと一緒に感心したものです。

可愛いものとそうでないものを区別出来るということは、娘の観察する能力が上がったのだと思います。それに伴い、ある問題が発生しました。

野菜拒否問題

f:id:mamagohan:20180329090908j:plain

今までどんな野菜でもお皿によそったものは食べていたのに、ゴロゴロ野菜はもちろん、なんでそれを野菜だと思ったのー!?と思うくらい細かく刻んだ野菜すら避けるようになりました。

チャーハンやオムレツに混ぜ込むのもダメ。

おかずは一口も口にしない日がありました。

泣いて椅子に座るのを拒否する日も。(こっちが泣きたいと思う日もありました…)

味というよりは見た目で食べたくないと思ってしまうようです。

米やパンは好きなので体重は増えるけど、野菜の栄養が取れないのは心配です!

そこで試してみたのが娘の好きな「可愛い」に頼る作戦です。

可愛いごはん作戦!

f:id:mamagohan:20180329085202j:plain

具体的に何をしたのかというと…

  • デザインが可愛らしいモチーフのお皿に盛る
  • 野菜を星やお花の形に型抜きする。
  • 動物やお顔のおにぎりを作る
  • お弁当用の旗やピックを立てる。

こんな感じです。いつものごはんをわかりやすく可愛い見た目にしてみました!

その結果

f:id:mamagohan:20180329090105j:plain

娘、まんまとはまったんです!(笑)

いつもの形だと泣いて拒否したニンジンも星やお花の形だとよーく観察して「きらきらだ!かぁいい。」「お花可愛くて美味しいね。」「お皿はチュンチュン!」と楽しそうに食べてくれるのです。

味は変わらないはずなのに…可愛いのパワーは偉大です!!

それから半年

f:id:mamagohan:20180329090204p:plain

少しずつ食べてくれる野菜の種類が増えてきました。今でも緑色の野菜は苦手です。

ほとんど自己満足な部分もあったりするのですが、現在も娘のごはんは「わかりやすく可愛い」を心掛けています。

 

「可愛い」が一人でも多くの好き嫌いを無くし、ママさんパパさん達を助けてくれた良いなと感じています。